介護セミナーでミナを笑顔にする技術を習得|受けて損なし憂いなし

介護

初任者研修を受ける

介護

「介護は情報戦」なんて言われる時代になっています。そう言われる所以にはいろいろありますが、ひとつには、正しい情報を仕入れなければしっかりした介護はできない、という意味があります。
つまり、介護従事者になるのであれば、いきなり現場に入ってノウハウを積み上げていくよりもまずはしっかりした知識を身につけなければならない、ということになります。そのために大切なセミナーが、介護の初任者研修です。

このセミナーは、介護従事者としてスキルアップやキャリアアップをしていく上で必ず必要なセミナーではありません。なぜなら、初任者研修を受けなくても介護の仕事をすることはできますし、これのひとつ上のセミナーである実務者研修を受けるための要件に初任者研修は入っていないからです。そのため、初任者研修を受けずに現場に入って多くの時間を実践的な学びに当てようという人もいますが、多くの場合、この方法はあまり推奨されません。

なぜかというと、基礎となる知識を得ぬまま現場に出てしまうと、現場なりのルールを「そういうものだ」と受け取ってしまう可能性があるからです。介護の現場は大変なので、何もかもを理想どおりにとはいきませんが、それでも「正しいやり方やルール」を知っておけば、本来理想とされるやり方と現場のやり方を比較することができます。そこから改善活動へつなげることもできますし、自身が独立した際に正しいやり方をしっかり実践することもできます。しかし初任者研修を受けていなければ、最初に入った現場のルールが頭のなかに定着してしまいますので、何かしらのミスがあっても気づきにくいという危険をはらんでしまいます。
そのため、現場で確実なスキルを身につけていくためにも、このようなセミナーを受けることは大切なのです。
また、初任者研修を受けておけば基礎となる知識を有することができるので、そこからのキャリアアップにもしっかり役立たせることができます。